笛吹きもぐらは旅をする

僕が行きたいと願う場所に、僕が行くことができるなら、僕は必ずそこを目指す。

どーなるニッポンのブカツ。

f:id:sekimogura:20220511234905j:image

 

死んだ兵士の残したものは
こわれた銃とゆがんだ地球
他には何も残せなかった
平和ひとつ残せなかった

「死んだ男の残したものは」 「うたⅡ(SCHOTT)」より 谷川俊太郎(詩) 武満徹(曲)

 

 僕が吹奏楽部の外部指導員などということをしているので、まだ小学生の娘はクラブ活動も経験していないのに、「中学校に上がったら部活なにしようかなあ?」などと悩んでいる。運動は苦手なので文化部がいいようだ。文化部であれば、どこの中学校にもあるのは吹奏楽部と美術部だろう、みたいな話をしたら、絵を描くのもピアノを弾くのもすきな娘は頭を抱え込んでいた。決めきれないらしい。まあ、中学校にあがるまでまだ何年もあるから、好きなだけ悩めばいい。

 しかし、娘が進学する頃に、その部活動自体があるのかどうか、ちょっと不安になる話題を耳にした。
 本当かどうか知らないが、神戸市は来年度から運動部の土日の活動を学校外部のボランティアや地域のスポーツクラブに委託するらしい。この文言から察するに、運動部に関しては、平日は学校の職員(つまり先生)が指導するけど土日は出勤せず、休日の活動は学校の職員でない誰かに任せるってことか。
 え、そんなんでいいの? 大丈夫なん?
 この話を、今おうかがいしている中学校の先生と雑談している時に話題にしたら、「そんな話があるのは知ってるけど、具体的にどうなるかは全然知らされてない」みたいな感じで返事が返ってきた。
 え、もう来年の話ですけど?
 学校に出入りしている僕は、先生たちが色々なことにとても気を遣いながら、責任をもって子どもたちを預かってくれていることを知っている。授業や評価だけでなく、生徒個々の事情にあわせた生活上の配慮や、安全管理(防災・防犯・健康)まで、先生の両肩にのしかかるものは多く、重く、そして多様だ。あれだけのことを限られた人数しかいない教職員が(教職員の配置数は法律で決まっている)引き受けてくれているのは、もう本当に奇跡だとしか思えない。
 まあ、だからこそ教職員の負担軽減が必要なのであり、そのために部活動の指導を外部に委託しようという施策なのだろう。それは、いい。むしろやるべきだ。
 でもね、やるからにはちゃんとやって欲しいんだ。僕も数年後には娘を中学校にあずけるのだから、いい加減なことでは困る。

 ちゃんとしてほしいこととの例をあげると。
 学校と外部指導者で、部活動の目標や指導の方法は共有されていて、一貫性のある活動が実施できること。
 部活動を安全かつ円滑に実施するための最低限の生徒情報が外部指導者と共有され、またその情報が適切に保護できること。
 災害、事故、怪我などがあった場合に、適切な対応が行われ、その場合の方法や責任の所在が明確であること。
 などなど。

 要するにね、子どもが安全に楽しく部活動を楽しめればそれでいいんだ。でも、現場に出入りしている僕は、現在の部活動が先生たちの繊細かつ膨大な努力によって成立していることを知っている。仮に土日の活動を外部委託するとして、市内すべての中学生が同じサービスを享受できるように適切な人材を確保できるのかな? 
 できるなら、それでいい。ぜひやるべきだ。
 でね、ところでさ、運動部はそれでいいじゃん? あの・・・文化部はどうすんの?
 僕は吹奏楽部に関わっているけれど、当然吹奏楽部にも顧問の先生がいて、運動部の先生たちと同じように、日中は教科指導をし、夕方以降の時間と休日を部活の指導にあてている。負担は同じだ。その、吹奏楽部の先生の仕事を減らしてはくれないんですか? 減らさないんだとしたら、なんで?
 まだ体制が整わないとか、実は運動部については人材の確保ができているけど吹奏楽の指導ができる人がまだ集められないとか、事情があるのかもしれない。もしそういうことなら、早く体制を整えて欲しいし、人材確保にも努めてほしい。時間がかかってもいいから、必ずやってほしいと思う。
 でね。でねでね、もし、もしもよ? 体制が整わなかったら? 人材が集められなかったら? 「これ無理ゲー」って教委が諦めたら? 僕は密かに、これを恐れている。

 横浜にいた頃に関わっていた、小学校の特設クラブのブラスバンドがあるのだけれど、先だってきまぐれに「今どうなってるのかな?」とグーグルさんに聞いてみたら、どうやら学校組織から切り離されてしまったらしい。で、パージされた後に有志の力で後援会ができて、まあコロナのことなんかもあったりするのだろうけど、細々活動を続けているようだ。
 この件、僕としてはすごくショックだった。そんなことがあるのか、と。大きなバンドだったし、熱心に活動していたし、子どもたちも楽しんで楽器を吹いていたのにな。まさかそんなことになるとは思っていなかった。練習場所はどうしているのだろう、楽器はどうなっているのだろう。ライブラリーも充実していたけど、あの楽譜、散逸してないだろうか。心配だ。

 中学校なら大抵どこでも、当たり前に存在している吹奏楽部だが、ひとつのバンドがそこにあるためには、楽器や楽譜などの資本の蓄積、演奏が可能になるまでの技術と伝統の積み上げが必要だ。資本と技術と伝統は、音楽の現場で維持される。その継承が一旦途切れると、復活は困難だ。それこそ、無理ゲーである。
 まさかとは思うけど、ひょっとしてそれ狙ってる? なんて勘ぐるのは、考えすぎだろうか。確かに、吹奏楽部の運営は色々大変だ。でも、吹奏楽があるからこそ成り立っている業界がたくさんあって、もしなくなってしまったら、業界はまるごとひっくり返るだろう。それだけじゃない。いわゆるクラシックという音楽の消費を支えている人たちの結構な割合が、吹奏楽を経験した人たちなのは間違いなくて、その消費者層への人口の供給が大幅に縮小するのも確実だ。これは日本社会の、大きな文化的後退につながるだろう。
 豊かな文化を育むべき教育の現場に対して、まさかそんな決断がされることはなかろうと、今のところ僕は信じている。でもね・・・横浜の、僕と関わりのあったバンドの現状を知った今、ちょっと信じ切れないな、とも感じている。

 僕の望むことは、娘が中学に上がった時に、娘がチャレンジしてみたいと思えるような部活の選択肢があること、そして、簡素化されていてもいいからちゃんと楽しい部活ライフを送ることができる体制が整っていること。そんなに贅沢は言っていないつもりだ。当たり前のことを、当たり前の範囲内でやってくれればいい。それが無理だって言うんなら、日本の公教育の未来は暗いよなあ。
 世界情勢を見て色々思うことはあるけれど、それでもやっぱり、ミサイルを一本買うよりは、楽器を一本買った方がいいし、兵士を一人雇うよりは、教師を一人雇った方がいい。そしたら、生徒も先生もみんな、ハッピーハッピー。でしょ?

 誰かの幸せのために誰かが泣いてるってのは、当然よくない。だから改善する。それはいいことだ。けど、改善の仕方は色々ある。ぜひ、誰もが幸せになる方法を考えて、実行してほしいと、僕は願う。

指揮棒

f:id:sekimogura:20220511234602j:image

 

 中学校の吹奏楽部に、外部支援員という立場で週に数度、お邪魔している。慢性疲労症候群のリハビリとお小遣い稼ぎ、というのが表向きの理由で、中学生と音楽で遊んで楽しもう、っていうのが本音。僕は音楽に関わることなら誰と何をしていたって楽しいので、いい気晴らしである。慢性疲労症候群の症状は、今服用している漢方薬の組み合わせが僕にあっているみたいで、小康状態だ。疲れがたまると息切れしたような症状に襲われることはまだあるけれど、それでも中学校に二時間遊びに行くくらいなら問題ない程度にはなってきた。

 とはいえ、お礼をいただいて音楽を教えに行っているわけだから、やるべきことはやらねばならない。生徒さんひとりひとりの練習をみながら、演奏のアドバイスをしたり音楽の話をしたりしている。
 そういう活動を始めて三年目になるけれど、今まではどちらかというと、指揮台の下で奏者個人個人に声をかけていくようなシーンが多かった。でも今年度お邪魔している学校の顧問の先生には、僕が棒の振り方を知っているということがばれてしまったので、今年度は指揮台の上に上がる機会もありそうだ。練習だけだけどね。

 指揮・・・苦手です。
 先に白状しておくと、僕の指揮は下手くそだ。申し訳ないが、人前で振れるレベルではない。それでも横浜にいた頃に、一通り勉強はした。たたき、しゃくい、図形、平均運動・・・勉強はしたけれど、だからって上手に振れるわけではない。楽器と同じだ。トレーニングと経験値が積み上がって、始めて上達する。僕はどちらかというと奏者の立場でいたい方で、指揮台に立つのはなるべく避けてきたから、指揮なんて上手い訳がない。

 でもなぜか、棒、つまりタクトは持っている。横浜でも子どもに音楽を教えていたことがあったので、その時もやはりやむなく指揮台に立つことがあり、仕方がないので買った。で、買ったくせに、指揮棒を持つとどうにもやりづらく感じたので、結局タクトなしの小澤征爾スタイルで振るようになり、今でも指揮棒は持たない。持ち運ぶの、面倒だしね。しかし、今お邪魔している中学校は、人数も多いし、練習場所の部屋がちょっと暗めなので、ちゃんとタクトを持つようにしようかなと考えている。

 指揮棒は、指揮者の腕の動きを拡大するためのものだ。動きの拡大によって、指揮者の意図は奏者に伝わりやすくなる。上手な指揮者は、タクトの扱いもうまい。タクトの動きがそのまま音楽になるのだ。
 だが、下手くそが指揮棒を持つと悲惨である。下手くそ具合が拡大されるからだ。小澤征爾はあえてタクトをもたないスタイルなだけだから、タクトを持っても素晴らしい指揮ができるが、僕はそうではない。僕が指揮棒を持たないのは、結局、下手くそをごまかすためで、持ち運ぶのが面倒だからなんてのはただの言い訳。
 じゃあタクトなしで振ればいいのだけど、さっきも書いたように、練習部屋が薄暗くて棒無しでは見えにくそうに感じるので、まあこれもいい機会だから僕自身も練習させてもらうつもりで、タクトを持とうと決めた。

 なのでここ数日、鏡の前にタクトを持って立ち、棒振りの練習をしている。疲れるし、肩は痛いし、自分の下手な棒を眺め続けるのは精神的に苦痛だし、正直に言って中々つらいがしかし、とにかく練習、練習。ああ、指揮って難しい。今まで奏者としてオケに関わってきて、「あの指揮者の図形はわかりにくい」とか「あの指揮者は外に振る時の打点がはっきりしない」とかって、色んな指揮者の陰口をたたきまくってきたけど、全部撤回します。ホントすみませんでした。指揮者って大変。

 指揮棒には木製のものとファイバー製のものがある。僕の持っている指揮棒は木製だ。確か、ファイバー製は木製に比べると少し高価だったから「安い方でいっか」と気軽に決めたんじゃなかったかな。木製の指揮棒はファイバー製に比べると重い。というか、ファイバー製はほぼ重さを感じないレベルの軽さ。今持っている木の指揮棒を買った時は、「どうせそんなに使わない」って気持ちで決めたし、実際、全然使わなかったのだけど、いざ本気だして練習をしてみると、じわじわその重さがきいてくる。微妙なニュアンスを振り分けたい時に、しんどい。棒先がついてこない。
 うーん、本気で使うなら、やっぱりファイバー製が欲しいな。度々振る機会があるようなら、ちょっと考えよう。
 

ぺんてる・ケリー

f:id:sekimogura:20220511073428j:image

 

 ぺんてるの商品に、万年CIL、通称「ケリー」というシャープペンシルが存在する。先だって試し書きしてみたら感触がとてもよく、その時は買わなかったのだけど、ずっと気になっていたので、やっぱり手に入れることにした。レギュラーのカラーバリエーションがいくつかある他に、限定カラーなども存在するようだが、最初はオーソドックスな方がいいだろうと思って黒を選んだ。芯径は国内仕様の0.5mm。
 黒軸に銀トリム・・・見た目はまさしく、ハイヤーカラーの万年筆だ。キャップ付きのシャープペンシルというのも中々珍しいので、文具好きの人でなければこのペンがシャープペンシルであることを見抜くのは難しいだろう。しかし、嵌合式のキャップを引き抜けば、そこから現れるのはシャープペンシルの芯ガイドだ。そして、ペンの尻をノックすると、通常のシャープペンシルと同じようにペン先から芯が繰り出される。
 デフォルトで挿入されているHBの芯は書き味が硬く、色も薄いので、すぐにBの芯と交換した。そして、さらさらと紙の上でペン先を滑らせると、気持ちよく文字が書ける。いいねいいね、ケリー。快適だ。
 ケリーをスタンダードなサイズの万年筆と比べると、長さ太さはやや短め細めで、重量はほぼ同じ。しばらく書いているうちに芯の先が筆記角度に削れると、ペン先はさらになめらかに踊り始める。そうなると、書き味はもはや万年筆と変わらない。僕の手は万年筆になれてしまっていて、ボールペンだと線が引けないくらい軸を傾けるのだけど、シャープペンシルならその角度でも問題なく筆記できる。字幅は国産万年筆でいう中細字程度だろうか。
 使い方としては、そうだな、例えば喫茶店とか図書館とか、自宅以外で書き物をするときには、このケリーがちょうどいいかもしれない。僕に最適な筆記具が万年筆であるという思いに変わりはないが、一番廉価なものでも一万円する万年筆はやはり盗難に気を遣うし、インク切れの心配もある。その点ケリーは、シャープペンシルとしてはやや高価な部類に入るものの、万年筆に比べればずっと廉価だし、シャー芯なら気軽に持ち歩いて簡単に補充できる。その上、乾燥の心配もない。
 ただ、シャープペンシルの筆記線は僕にはどうも読みづらくて、書く時はいいのだけど、後で読み返す時に困るのだ。黒鉛の筆記線は、彩度やシャープネスにおいて、どうしてもインクに劣る。少なくとも僕は、そのように感じる。僕は今、ケリーにBの黒芯を入れて使っているのだが、カラー芯に変えるといいかもしれないね。その場合、柔らかい書き味のカラー芯があるかどうかが問題になるけれど。万年筆の世界においてブルーやブルーブラックのインクが標準なのは、インクというものの歴史的な背景だけが影響しているのではなくて、書いた後に読み返す時の判読性が高いのも理由だと思う。もし、Bぐらいの書き味のブルー芯があったら、一度試してみたい。

 ケリーを手にしてみて改めて感じるのは、長時間・長文を書くなら太めの、やや重い、重心位置がいいポジションにくる筆記具を使うべきだということ。ケリーは、もう少し太いと完璧なのだけど、重さとバランスは素晴らしく、僕にとっては概ね満足できる長文用の筆記具と言えそうだ。ぺんてるさん、いいペンを作ってくれた。
 調べてみるとぺんてるは、国内で初めて実用的なシャー芯を開発した会社らしい。へえ、そうなんだ。シャーペンについてはパイオニア的な存在なんだね。そういや、高校生の頃に愛用していたグラフ1000もぺんてる製だった。今まであまり意識したことはなかったけど、僕はぺんてるにずっとお世話になってる訳か。ありがとうございます。
 シャーペン以外に僕が気に入っているぺんてる製品に、「プラマン」がある。また機会があったらプラマンのことも書いてみたい。ぺんてる、素敵。