笛吹きもぐらは旅をする

僕が行きたいと願う場所に、僕が行くことができるなら、僕は必ずそこを目指す。

湊川神社

 

f:id:sekimogura:20210412224856j:plain

 

 用事があって大倉山に行き、湊川神社に寄った。
 湊川神社は「楠公(なんこう)さん」の愛称で親しまれている・・・なんて時々聞くが、実際になんこうさんと呼ぶ人に会ったことはない。僕よりも上の世代はそう呼ぶのだろうか。なぜそう呼ばれるのかと言うと、楠木正成を奉っているからだそうだ。楠木正成と言えばもちろん、日本史の授業で習うあの人。子どものころ日本史嫌いだった僕でも名前くらいは覚えている。もっとも、何せ歴史の勉強は大嫌いだったから、何した人なのかは全然覚えていないけど。
 今でこそ、教養程度の歴史はある程度身につけているが、とにかく僕は社会科、特に歴史が嫌いだった。だって、記憶力ないんだもん。
 歴史の話を聞くのは、そこまで嫌いでもなかった。じゃあ何が嫌いだったかと言うと、出来事の起こった西暦を覚えることだ。今でも覚えているのは、「いい国作ろう鎌倉幕府」の1192年ぐらいなもの。あとは、大体何世紀頃のことかぐらいは察しがつくけれど、詳しい年代には全然自信がない。今では、その出来事が何年のことだったかを覚えておいて前後関係をとらえることが大事だってのは理解できる。しかし当時はそんな風には考えなかったし、とにかく3桁ないし4桁のあの数字を丸暗記するのが嫌で仕方なかった。年号を覚えなくていいなら、子どもたちはもっと歴史を好きになると思うんだけど、そういうわけにはいかないのだろうか。
 しかし、勉強の得手不得手は人それぞれだ。
 3月のこと、吹奏楽を教えに行っている中学校の男の子が、にたにた笑いながら僕に近づいてきて「僕、学年末の社会のテストの点数よかったんですよ」と自慢した。彼は暗記が得意だそうで、歴史が中心だった学年末の社会のテストでは、ほぼ満点がとれたそうだ。じゃあ数学はどうだったの? と尋ねると、今度は頭をかきながら「ダメでした。考えるの苦手なんです」とうつむいた。暗記科目がひとつあるのも、悪いことではないのかもしれない。
 稀に、菅原道真の化身のような全方位隙なしのスーパー優等生がいるけど、どうやったらああいう風になれるのだろう。生まれつきの資質の問題なのだろうか。僕だってそれなりに努力して勉強した方だと思うのだが、暗記系の科目の勉強は全然得意にならなかった。まったく、やってられない。

 で、話は最初に戻り、楠木正成って誰なんだろうと調べてみると、南北朝時代の武将で、軍神なんだそうだ。そうか、イクサの神様か。ゲリラ戦が得意だったんだって。ふーん、僕にはあまり関係のない神様のような気がする。戦争は嫌だ。楠公には申し訳ないが、この神社があまりはやらない平和な世界であってほしい。

f:id:sekimogura:20210412224928j:plain

 

f:id:sekimogura:20210412224947j:plain

 

祇園神社


f:id:sekimogura:20210407224215j:image

 

 有馬街道の登り口に、祇園神社がある。
 用事があって大倉山に来て、湊川神社により、それでもまだ少し時間があったので、この祇園神社にも立ち寄った。寺社仏閣が特別に好きなわけではないが、土地の神様にご挨拶しておくのは悪いことではないと思っていて、時間がある時には面通しをするように心がけている。
 このあたりは、平家の屋敷のあった土地らしい。土地の由来を紹介する看板やら銅像やら道祖神やらがあちこちにある。掘ればいくらでも遺跡が出るそうだ。さぞマンションは建てにくかろう。僕が歩く道の左右には、平屋かせいぜい二階建ての戸建てが並んでいる。
 神戸は、大阪湾と六甲山地に挟まれた細長い街だ。海から山へ向かって坂を上っていくと、道は突然、緑の壁にぶつかる。緑の壁は、六甲山地を形成する断層面。切り立った花崗岩の山には木々がへばりつくように生い茂っている。祇園神社は市街地と山地の境界線にあり、鳥居と境内を急斜面を刻んだ石段の参道がつなぐ。
 火消しの梯子のような階段を上ったところで振り返ると、神戸の街と港が一望できる。爽快だ。かすんだ空気に日差しが乱反射して、街全体が光に包まれているように見える。今はほぼ正午だが、日が沈んだ後に来たら夜景がきれいかもしれない。境内には満開の桜が咲き誇っていた。美しい。

 ここから街を見下ろしてみて、神戸というのは本当に細長い街だなあと思う。何もこんなに狭いところに山と海に押しつぶされるようにして住まなくてもいいじゃないかなんて考えてしまう。でも人は、ずっとこの土地に住んできた。参道から海の方へと伸びる道をまっすぐ行けば、そこには輪田の泊があったはず。それは海上交通の重要な中継点であり、また陸路の街道との連結点でもあった。きっと、貿易に関わる人が昔から大勢暮らしていたことだろう。
 去年から続いているパンデミックの影響でテレワーク化がすすみ、都会を離れる人が増えているそうだ。どうだろう、神戸の人口も少しは減ったのだろうか。それとも、中規模都市のよさが見直されて逆に増えたのだろうか。神戸の人口は95年の震災で激減し、それ以前の水準にはまだ回復していないと聞いたことがある。調べたわけじゃないので本当かどうかは知らない。あまり減るのも困るが、これ以上街が過密になるのも困るなあ。土地が広がらない以上、居住区は垂直方向に伸びるしかないわけだから、人口が増えれば当然マンションが建つ。マンションが建つと、どうしても眺望や景観が悪くなる。神様はきっと、そのようには望んでおられまい。

 ここからの眺めはとてもいい。できればこのまま、いい眺めが守られるといいのだけど。千年前のままにとは言わないが、せめて今のまま、海の見渡せる神戸の街であってほしいものだ。


f:id:sekimogura:20210407224232j:image

f:id:sekimogura:20210407224244j:image

f:id:sekimogura:20210407224313j:image

f:id:sekimogura:20210407224328j:image

f:id:sekimogura:20210407224340j:image

黄砂

f:id:sekimogura:20210401225249j:plain

 

 今年の黄砂はひどい。
 新緑も鮮やかな春の布引山が、吹雪にでも襲われているかのように白い。晴れていれば日中はくっきり見えるビルが、くすんだ空色に塗りつぶされている。喘息もちの長男が発作の予兆のような咳き込み方をしている。僕の鼻も調子が悪い。ここのところ、アレルギー薬を飲み続けているのに鼻水がとまらない。全部、黄砂のせいだ。

 毎年春になると、黄砂は必ずやってくるものだ。関西人の常識である。子どもだった頃、それは日本全国で通用する常識だと思っていた。関東圏では、そうではないということを横浜に住んでいた頃に知って驚いた。
 そういえば「今年の黄砂は・・・」みたいな話を誰もしないなあと気づいたのは、いったいいつだったろう。横浜に住み始めた最初の数年は、そんなこと気にもしなかったが、あるとき、はっと気づいた。関東人は黄砂を話題にしない。その代わり、光化学スモッグの話をする。光化学スモッグの季節は夏だ。関西も、大阪あたりは光化学スモッグが発生するらしいが、僕の住んでいる神戸は比較的風通しがよいせいか、あまりスモッグが話題にならない。だから、横浜の人が酷暑の夏に、「今日の午後は、光化学スモッグ発生の予報が出ているから、あまり外出しない方がいい」みたいな事を離しているのを聞いて、黄砂のことを思い出したのかもしれない。

 神戸の黄砂と、横浜のスモッグ。
 どちらも嫌なものだが、僕は黄砂でもスモッグでも、息苦しさとか目の痛みのような身体症状が出たことがないので、あまり違いを感じない。でも、どちらかがより嫌いかと問われたら、僕は黄砂をあげる。なぜなら、黄砂は降り積もって街中を真っ黄色にしてしまうからだ。
 とりわけ困るのが、車。屋外にしばらく駐めた後にボディを指で撫でると、指先が白っぽく汚れる。黒や紺色の塗装なんかだと、黄砂が降り積もったことがはっきり分かるくらい色がくすむ。車についた黄砂を放っておくと、金属が腐蝕する原因になるらしいので、洗車しなければならない。面倒だ。
 しかし、そんな黄砂でも、全然やってこないとなると植生に影響が出るらしく、環境維持のためには必要だと聞いたことがある。僕たち人間には厄介者の黄砂だが、そんな黄砂を待ち望んでいる無情の生物がいるというのは面白い。では、黄砂のあまりこない関東の植物はどうなのだろう。僕は植物にあまり関心がないので詳しいことは知らない。松が生えていて、あとは銀杏とか紅葉とか・・・そんなに違わないような気がするのだけど。

 なにはともあれ、僕にとって黄砂が厄介者であることにかわりはない。黄砂の季節なんてさっさと過ぎ去って、透明な青空が戻ってきて欲しいものだ。